株式会社グッドリビング GOODLIVING       クリックして、テーマソングをお楽しみくださいクリックして、テーマソングをお楽しみください       当社動画をご覧ください当社動画をご覧ください         お問い合わせ[フリーダイヤル]0120-234-934
ホームページからのお問い合わせはコチラホームページからのお問い合わせはコチラ   野田市で自然素材の注文住宅ならグッドリビング。流山市・柏市・松戸市からもアクセス便利!

ホームホームどんぐりの家とはどんぐりの家とは施工実績施工実績イベント案内イベント案内トピックストピックス土地情報土地情報お客様の声お客様の声

ホーム > 研修レポート:スイス・ドイツ研修-1

研修レポート

スイス・ドイツ研修を行いました[1]

平成24年1月29日(日)~ 2月4日(土)
参加者…22名(当社より1名参加)

スイス・ドイツの最先端住宅視察、現代建築の巨匠達の建物見学、ヨーロッパ最大級の展示会「屋根・壁展」およびシュタイナー学校の視察、環境都市、エコ団地、芸術村(アールヌーボー)見学など、もりだくさんの研修内容でした!

1月29日(日)
東京(成田)発フランクフルト着フランクフルト発チューリッヒ着
1月30日(月)[1日目]
チューリッヒ─[約150km]─フライブルグ
1月31日(火)[2日目]
フライブルグ─[約120km]─バーデン・バーデン
2月 1日 (水)[3日目]
バーデン・バーデン─[約50km]─オフェンブルグ─[約150km]─シュトットガルト
2月 2日 (木)[4日目]
シュトットガルト
2月 3日 (金)[5日目]
シュトットガルト─[約130km]─ハイデルベルグ─[約70km]─ダルムシュタッド─[約30km]─フランクフルト発
2月 4日 (土)
東京(成田)着

※下のそれぞれの画像をクリックすると、拡大画像をご覧いただけます。

1日目

早朝セミナー
早朝セミナー早朝セミナー1月29日、成田からフランクフルト(ドイツ)経由でチューリッヒ(スイス)へ、16時間かけて移動し、時差ボケと旅の疲れにも関わらず、宿泊ホテルの一室で、朝7時30分からセミナー開始です。高気密高断熱の大家・南雄三先生と、スイスで活躍中の滝川先生が講師です。 

南先生が割り当てたテーマごとに、参加者全員にレポート提出が課せられた瞬間です。ちなみに、私は2日目のヴォーバンのエコ団地・パッシブハウス・環境都市フライブルグについてのレポートです。



1件目のお施主様邸に到着
1件目のお施主様邸1件目のお施主様邸大型バスでゆったり移動し、まず最初の見学現場であるA様邸へ到着です。昨年借家を買取って建て替えたそうです。戦時中に造られた地下シェルターを残し、その上に木質パネル工法で2階建てに建築しています。                        
赤紫色のコートを着た女性は、山里似の現地ガイド・中山さんです。


お施主様邸を拝見
お施主様邸を拝見お施主様邸を拝見1階リビングにて、滝川先生(写真中央の女性の方)の通訳のもと、設計者とお施主様(奥様+お子様達)へご挨拶を済ませ、設計コンセプトなど解説していただいています。ミネルギー(=ミニマムエネルギー)住宅の設計が専門の設計士さんです。 


1階の窓・キッチン
1階の窓・キッチン1階の窓・キッチン1階はワンルームタイプで、壁が少なく、広々としたLDKへと続く洋室です。南面に大きな窓を設けていて、北面には窓はありません。窓は木製3枚ガラスで、セルロース断熱材を外側に45cm厚みで噴いています。キッチンのIHヒーターは、5口も付いていました!          

南面の窓南面の窓南面の窓には、電動通風タイプのシャッター雨戸と、大きく張り出した軒先に、電動タイプの可変式ルーバー日よけが付いています。大勢でお邪魔したにもかかわらず、いろいろな質問にも快くお答えいただいた奥様とフレンドリーなお子様達に感謝です!                      

温水器・ボイラー装置温水器・ボイラー装置24時間換気装置
1階階段下にある24時間換気装置です。
浴室・洗面浴室・洗面浴室・洗面
2階の約8畳の部屋が、仕切らないで風呂・洗面になった感じです!
蓄熱式薪ストーブ蓄熱式薪ストーブ蓄熱式薪ストーブ
室内の空気を汚さず、薪を上からゆっくり効率良く燃やし、少ない薪で長時間に渡って室内を暖める「すぐれもの」です!
西側の窓西側の窓西側の窓
木製3枚ガラス窓に、雨戸ではなく、可変ルーバーの電動日よけが付いています。


温水器・ボイラー装置温水器・ボイラー装置温水器・ボイラー装置 
2階浴室隣にある温水器とボイラー装置です。太陽熱温水装置の床暖と薪ストーブによって、
室内は非常に暖かく、外はマイナス15度ですが、室内は20度前後になっています。また、
太陽光発電によって、ほぼゼロエネ住宅になっています。

薪ストーブメーカーへ
薪ストーブメーカー薪ストーブメーカー薪ストーブメーカー薪ストーブメーカースイスで、今注目の薪ストーブメーカーを見学しました。先ほど見学させていただいたA様邸にもあった蓄熱式薪ストーブの製作販売会社です。元はセラミックタイル製造会社だったそうですが、そこで培ったセラミック技術を活かして、省燃料タイプの蓄熱式薪ストーブを開発して業績を伸ばしている会社です。      

ただ、日本では、まだ50台位しか設置されていないのでこれからです!


燃焼技術説明燃焼技術説明燃焼技術説明
薪を下からでなく上から長時間効率よく燃やす優れた技術を、社長自らご説明いただきました!
蓄熱式薪ストーブ蓄熱式薪ストーブ蓄熱式薪ストーブ
実物が、ショールームに展示してあります。周りがセラミックで、輻射熱が気持ち良い暖かさになっています。
工場内部工場内部工場内部
熟練職人による手作業のため、大量生産はできませんが、こだわりの強い薪ストーブです。


※当社でも、仕入れ販売を前向きに検討することが必要です!

2件目のお施主様邸に到着
2件目のお施主様邸2件目のお施主様邸2件目のお施主様邸2件目のお施主様邸スイスで2件目のお住まい拝見です。こちらは、山手の高級住宅街という感じです。左は玄関北東側からの画像でも、右は庭から見た外観です(外壁はここも板貼りです)。こちらは、ミネルギーP認定住宅です。「P」は、ドイツのパッシブハウスと同等基準の意味です。


                          
お施主様の説明お施主様の説明お施主様の説明
お施主様自らご説明。2階の1室を賃貸(シェア)しているそうです。太陽光に加えて、地熱・排熱も利用できて快適だそうです。
断熱材断熱材断熱材
外壁の外側をセルロース断熱材・45cm厚で包んでいる感じです。
電動可変ルーバー雨戸電動可変ルーバー雨戸電動可変ルーバー雨戸
滝川先生からの解説を、熱心にメモを取っています。奥にダイニングキツチンがあります。




ダイニングキッチンダイニングキッチンダイニングキッチン
リビングとは目隠し壁で仕切られていますが、上は続きのダイニングキッチンです。
トイレトイレトイレ
2階にも全く同じタイプのトイレがあります。
地下設備地下設備地下設備
地熱排熱温水ボイラー設備(鉄分除去装置)など、すごい装置が並ぶ地下室です。

バイエラーミュージアムバイエラーミュージアム1日目の最後に訪問した、現代建築巨匠「レンゾピアノ」のバイエラーミュージアムです。館内は、残念ながら写真撮影NGでした。
鑑賞後、専用バスにてドイツ環境都市フライブルグへ移動し、長い初日が終わりました。