株式会社グッドリビング GOODLIVING       クリックして、テーマソングをお楽しみくださいクリックして、テーマソングをお楽しみください       当社動画をご覧ください当社動画をご覧ください         お問い合わせ[フリーダイヤル]0120-234-934
ホームページからのお問い合わせはコチラホームページからのお問い合わせはコチラ   野田市で自然素材の注文住宅ならグッドリビング。流山市・柏市・松戸市からもアクセス便利!

ホームホームどんぐりの家どんぐりの家施工実績施工実績イベント案内イベント案内トピックストピックス土地情報土地情報お客様の声お客様の声

ホーム > どんぐりの家 > 珪藻土・漆喰

どんぐりの家

 

自然素材を活かした《森呼吸の気持ちいい家》

どんぐりの家はこんな家!

クロスを貼らないで珪藻土や漆喰(しっくい)を使うことで、
住まいの呼吸(調湿)が、さらに良くなります

珪藻土とは

珪藻土珪藻土とは内外装に使用される壁材のことで、吸湿性・放出性に優れ、結露やカビの予防に効果を発揮します。また、消臭効果もあります。

珪藻土は、太古の植物プランクトンの遺骸が永年にわたって堆積してできた土で、小さな粒子の中に無数の孔(空気層)が開いているため、調湿性、断熱性、遮音性、脱臭性などに優れています。ホルムアルデヒドなども吸着し、シックハウス症候群を抑えたり、調湿効果で湿度によるダニやカビの発生で起こるアレルギーやアトピーを防ぐ効果があるとされています。

また、土であるために壊しても自然の土にかえるため環境に優しい材料でもあります。
 

珪藻土や漆喰をふんだんに使用しています

珪藻土や漆喰は、セルロースファイバーと相性がよい塗り壁材で、その性能を有効に引き出します。そのため壁の中も室内も調湿性がよく、快適な住環境を実現。冬暖かく夏涼しい体感温度が実現します。

本物の珪藻土建材は湿度コントロールをしたり、匂いを吸着したりしてくれます

吸放湿量珪藻土建材がどのくらい機能するかの判断の一つは、吸放湿量で判断できます。吸放湿量とは、1m 2 あたりで何グラム湿気を吸放湿したかを表した数字です。この数字が高ければ高いほど、湿度コントロールや匂いの吸着の許容範囲も大きくなります。右の表でわかるように、製品によっては18g/m 2 ~232g/m 2 まで、約13倍もの機能差があります。

材料に水をかけて「凄いでしょう!」とデモンストレーションを行っているところもありますが、「吸水は凄いけれど、吸放湿量はどの位ですか?」と確認してください。JlS規格(JIS A 6909:2003)では、70g/m 2 以上と定められています。これ以下の吸放湿量では、調湿材とは呼べません。

珪藻土データでの確認は、吸放湿量が70g/m 2 以上あるかどうかを確認します。口頭での確認は、「珪藻土を塗り終わってから、どの位で乾燥するか」を聞いてください。天候によって異なりますが、通常は2~3日あれば乾燥します。一概には言えませんが、1週間も10日も乾燥しないのは、自分で吐き出せないということです。または、サンプルに霧吹きで10~20回水をかけて乾燥スピードを確認します。データ上で数字が出ていても乾燥スピードが遅いものは、自分で吐けないということです。

成分と機能が分かった後は、さらに本当かどうかの検証をします。珪藻土はみんな同じではないので、肝心の珪藻土自体がどんな珪藻土を使用しているかの確認をします。

どんな珪藻土を使用しているかが重要です!

珪藻土吸放湿機能比較珪藻土の採れる場所でも機能が違います。また、同じ場所から採れた珪藻土でも、「生のもの」「乾燥したもの」「焼成されたもの」では機能が違います。どんな珪藻土を使っているのか、どんな機能があるのか、データを確認することが大切です。製品によって機能差は10倍違います。「どんな珪藻土を使用しているか」「珪藻土自体の機能が分からない」「話をはぐらかす」などの製品は安心できません。珪藻土自体が機能を持っていなければ、製品になった時に機能するはずがないからです。

珪藻土の機能が確認できた後は、珪藻土建材というからには製品の中にどの位の珪藻土の量が入っているのかを確認します。

調湿材含有量が50%以上の珪藻土建材をお奨めしています

珪藻土珪藻土含有量&有機系固化剤使用量右の表でわかるように、製品に含まれる珪藻土含有量は6%~60%以上と差があります。
数%しか入っていない珪藻土入り建材では、機能するはずがありません。
ただし、珪藻土だけが調湿材ではないので、他の原料を使用している場合は、その原料の機能がどの位あるか確認してください。すべての調湿材を合わせて、せめて半分以上は調湿材でないと機能は低いと考えられます。最近は、珪藻土量を容積率で提示されている場合があります。珪藻土は微粉末なので、容積率で言えば90%を超えて当たり前です。

珪藻土自体の機能、珪藻土の量を確認したら、製品に使用している「のり」を確認します。珪藻土は小さい孔がたくさん開いています。合成樹脂エマルション(化学のり)を入れると、この孔を塞いでしまいます。

また、有機系固化剤が使用されていない製品が最近は出ています。せっかく珪藻土を塗るのなら、珪藻土の孔を潰す有機系固化剤の使用されていない製品を選び、珪藻土建材の機能を存分に活用してください。

弊社では、豊富に販売されている珪藻土建材の中から、価格・施工性・メンテナンスを考慮して、最終的にお施主様に一番良い物をご提案させていただきたいと思います。
 

「珪藻土」の特徴・機能を良くご理解いただくために
「壁塗り体験会」を通して、さまざまなご提案をしています

珪藻土や漆喰をふんだんに使用しています






普及活動の様子はコチラ普及活動の様子はコチラ


 

野田市産業祭、まちゼミ、流山産業博で
「珪藻土」の普及活動を行っています!

野田市産業祭で珪藻土の普及活動盛況な弊社ブース 野田市商工会加盟の150社が出展し、来場者も2~3万人という大イベントが、毎年10月に開催される「野田市産業祭」。このイベントのほか、「野田まちゼミ」や流山産業博でも、私たちは珪藻土の壁塗り体験などを無料にて開催し、珪藻土の普及に努めています。

▼03_04_左向き_002.png「野田まちゼミ」の様子はコチラ(映像をご覧いただけます)

稚内珪藻土:60%含有の「ナテユール」の採用をはじめました!

稚内珪藻土:60%含有の「ナチュール」

稚内珪藻土:60%含有の「ナチュール」

再生ボタン001_18.pngボタンをクリックすると「ナテユール」の説明が始まります。

稚内珪藻土:60%含有の「ナチュール」
稚内珪藻土:60%含有の「ナチュール」

稚内珪藻土:60%含有の「ナチュール」

稚内珪藻土:60%含有の「ナチュール」

稚内珪藻土:60%含有の「ナチュール」